関西花の寺二十五ヶ所霊場 第二十番 石光寺

ご朱印

関西花の寺二十五ヶ所霊場 ご朱印 石光寺

お寺の案内

宗派 浄土宗
本尊 阿弥陀如来
開基 役小角・670年頃

花巡礼の記

・美しい中将姫、17才で仏門に入り當麻に、曼荼羅を織るため、石光寺の井戸水で蓮の繊維を染めると、美しい五色に染まった。その糸を掛けた枝が糸掛桜とよばれ、今、目前に優艶な姿を見せている。長く垂れ下がる枝先を見ていると、中将姫が染めた蓮糸にみえてくる。(前に人が多い時は、反対側に回って見る事。)

・夏、山門を飾る百日紅。塀を越えた枝が大きく伸び広がる。赤い花が白壁に鮮明に映え、参詣人の目を奪う。

・晩秋、弥勒堂前で、赤く美しいまゆみの実が見られる。

関西花の寺二十五ヶ所ポケットガイドより

境内の音

2021年8月22日録音

写真

関西花の寺二十五ヶ所霊場 石光寺 山門
関西花の寺二十五ヶ所霊場 石光寺 中庭
関西花の寺二十五ヶ所霊場 石光寺 禅

リンク集

関西花の寺二十五ヶ所霊場(公式)
第二十番 石光寺

霊場一覧

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へにほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへにほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログへにほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 食玩・おまけへにほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください