関西花の寺二十五ヶ所霊場 第四番 高源寺

ご朱印

関西花の寺二十五ヶ所霊場 ご朱印 高源寺

お寺の案内

宗派 臨済宗
本尊 釈迦如来
開基 遠𧮾祖雄禅師・1325年

花巡礼の記

・水上勉氏の文、鬼気せまる禅機がみなぎる、を実感するのは冬期。桜・椿・つつじ・楓の新緑、そこに一際目を惹く紅花とちの木・・・一人の天女が舞い下りてきた美しさ。鶯や小鳥の声・・・高源寺の春は母親に抱かれている様な優しさと温かさに満ちた境内になる。

・日暮れ白鷺の群れが飛んできて杉の枝先に一羽ずつ垂直に立って止まる。忽ちローソクツリーができた。

・森閑とした午後、本堂横の池へ近づいた時ドボン、ドボン周囲から数十匹の蛙が一斉に飛び込んだ。驚愕!

関西花の寺二十五ヶ所ポケットガイドより

写真

リンク集

関西花の寺二十五ヶ所霊場(公式)
第四番 高源寺

霊場一覧

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください