関西花の寺二十五ヶ所霊場 第十三番 法金剛院

ご朱印

関西花の寺二十五ヶ所霊場 ご朱印 法金剛院

お寺の案内

宗派 律宗
本尊 阿弥陀如来
開基 待賢門院・1130年

花巡礼の記

・池の周りで作業を終えられた植木屋さんに会う。会釈すると「ようお詣りで」その後、話されたこと。花には裏年があって一年おきに美しく咲く。花には引き立て役が必要、花でも木でも建物でもよい。白萩の中に赤萩、白萩だけではそれ程美しく見えない。この寺の秋海棠は日本の原種で貴重なものだ・・・熱意が伝わってきて、こちらも熱心に聞く。心に残る対話だった。

・殿上から観賞される様に作られたという嵯峨菊。まっ直な茎の上部に糸状の花が集まる典雅な美しさに感嘆。

関西花の寺二十五ヶ所ポケットガイドより

写真

関西花の寺二十五ヶ所霊場 法金剛院 山門
関西花の寺二十五ヶ所霊場 法金剛院 境内

リンク集

関西花の寺二十五ヶ所霊場(公式)
第十三番 法金剛院

霊場一覧

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へにほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへにほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログへにほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 食玩・おまけへにほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください