ロッテ ガンダムマンチョコ スペシャルエディション #11 ザク

今日のシール

ガンダム シール ザク

ザクの思い出

「量産型」というかっこよさそうで、もの悲しい感じの言葉を聞いたのは
このザクを知った時だ。

今までのロボットアニメに出てくる、機械とは言え人間や動物をモチーフにした
姿ではなく「モノアイ」を搭載して、ミリタリー色の強いザクの登場に
心を奪われた。

同じ量産型でありながら、連邦のジムに比べれば圧倒的にかっこいい。

以後のシリーズにも何度も登場してくるザクは
ある意味ガンダムの主役と言っても過言ではない。

ガンダムが最初にしてある意味、完成形であるように
敵MSの中でもザクが最初にして完成形といえるのではないでしょうか。

改めて考えると、ザクのバリエーションがどれくらいあるか
調べたことはないですが10くらいではきかなそうですね
いま、パッと浮かんだだけでも10日か行かずになりますので。

ちなみにザクとグフだと、
どれくらい制作費がちがうのかなぁ?

関連リンク

「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」公式サイト
GUNDAM.INFO | 公式ガンダム情報ポータルサイト


ガンダムマン シールコレクション

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください