09/19 ハイライト ○6x−5H 勝手にオリックスバファローズ 

9月19日 対福岡ソフトバンク 15勝10敗

東浜、森、泉、甲斐野、津森、嘉弥真、松本、藤井、モイネロ、●レイ(5勝6敗)−甲斐
福岡ソフトバンク 000 302 000 0 5
オリックス 202 000 000 1x 6
田嶋、比嘉、宇田川、山崎颯、阿部、ワゲスパック、○本田(2勝3敗2S)−若月、伏見

本塁打 B:吉田19号

感想

4−0。
勢い、流れ、点の取り方、すべてにおいてこの試合いただいたと思った。
1.2戦で1点もとれていないソフトバンク打線は
焦って、そのまま沈黙を続けると思っていたが

まさかの宗の悪送球で1点目が入る。
もちろん悪送球がなければどうなっていたか分からないが
またチャンスで点が入らない、という焦りが出ただろう。

さすがは優勝を狙うチーム。1点の呪縛から解き放たれると
この回3点。6回で迎えたピンチにはこちらがプレッシャーを受けて
2点を許し逆転されてしまう。

しかしその後はリリーフ陣がピンチを背負いながらもゼロ点を重ねる。

お互い勝ちパタンの投手を惜しみなく投入し、1点もやらない
姿勢と結果を見せる。

追い詰められた9回二死から吉田が同点打。・・・・ここから先は下の動画を見て下さい
宗のサヨナラヒットまで書きたいことだ多すぎてまとめられません。

試合消化の関係で厘差の2位だが事実上少しだけ前に出た


名場面

私の推しです


池田陵真 9/17ファーム対広島戦 3打数1安打 .239

山田修義 出場なし

2022 始球式アーカイブ


にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください